blogスタッフブログ 現場からの声

心優しい隣人(グループホーム心音)

先日、お世話になっているグループホームのお隣さん宅の

草刈りをお手伝いさせて頂きました。

三年前にご主人を亡くされ、子どもさんは自立されていて

毎年一人で難儀していたと、痛く感謝されました。

その時にお聞きした話です。

主人を亡くして寂しくしていた時、ホームで生活されているYさんが

「つらいよね、大丈夫?」「さびしくない?」と会うたび

言葉をかけていたそうです。

本当に嬉しくて、辛い時期に優しくしてくれたのを

感謝しているというお話でした。

亡くなったご主人とも会話を交わしていたYさん。

実はYさんもお母さんを亡くした経験があり

同じ痛みを持つ者として自然に出た言葉だったのでしょう。

利用者さんは「支えられる側」という私たちの思い込みは、

地域の中で芽生えた繋がりが、

時には「支える側」になると教えてくれました。(Ⅿ)