blogスタッフブログ 現場からの声

卒業、おめでとうございます!!(ぷるぷる・月のひかり)

ご卒業、おめでとうございます。高校3年生に方は、次のステップへ旅立ちですね。

a05

昨年、向陽園納涼大会に行く前に、月のひかりの前で、高校3年生みんなで集合写真撮った時のものです。これを見ると、スタッフみんな感情が高まってしまいます。ぷるぷる・月のひかりの活動は、どうでしたでしょうか?卒業する皆さんにとって、思い出のページになったでしょうか?みんなから「楽しかった」「また、行きたい」と聞くと、とてもうれしかったです。みなさんの笑顔をこれからもつなげていきたいといます。たくさんの思い出ありがとうございました!!そして、これからの期待を込めて…、本当におめでとうございます!! 

a03 untitled untitled

CIMG0880 CIMG3967

また、小学6年生は中学生になるとぷるぷるから月のひかりへ。中学3年生は高校生になりますが、月のひかりはそのままです。皆さん、卒業、本当におめでとうございます。これからも、より月のひかりで活動をたくさん楽しんでほしいなと思っています。

ブログをしていました私Wですが、4月より異動で向陽園になります。今後はそちらでブログアップしていきます。今まで本当にありがとうございました。児童分野のブログは、他の方にバトンタッチです。

(スタッフ:W)

 

 

 

春休みに入って外で元気に遊んでいます!!(ぷるぷる・月のひかり)

春ですね~。学校も春休みに入り、活動プログラムに合わせて、子どもたちはたくさん遊んでいます。楽しいぷるぷる・月のひかりではないでしょうか?

公園に行って遊んだり、

untitled

お散歩に行ったり、

untitled

マックに行って食べたり、

untitled

みんなでブランコに乗ったり、

 

untitled

谷地の動物園に行ったり、

untitled

外遊びを満喫しています。

 

untitled

マインドパークで馬を見たり、

皆さん、それぞれ活動していますよ。ぷるぷる・月にひかりの活動を満喫して、4月からの新生活スタートに備えましょうね!!

 

ぷるぷる・月のひかりでは、「自分で選ぶ」「自分で決める」ことを大切にしています。どうしても、「みんな一緒の同じおやつ」「みんなと一緒の定時でトイレ」「みんなと一緒の体操」などの場面が出てきます。また、「今の遊びがやめられない」「友達と遊んでいるからしたくない」などではなく、子どもたちの本当の気持ちの中に、「本当にしたくないのか」「人の集団が特に苦手だから配慮が必要なのか」など、一人ひとりの気持ちをしっかり考える必要があります。

こんな場面があります。スタッフが公園遊びの声かけ。一人の子どもが、「行きたくない」と言う。スタッフが行きたくないと言ったから、外出はなしにする。でも、その児童はなんで行きたくないんだろう。「今の時期ならば花粉症、家で眠れなかった、今の遊びに集中したい、○○さんが行くから行きたくない」など、本当の気持ちがあると思います。そこに寄りそうこと、思いをを知ることが私達支援員(スタッフ)の大切な部分になると思います。

 

ぷるぷる・月のひかりのスタッフは、

「児童の立場に立った支援」「児童の身になって考える」

「児童の声を聞いて、何をしてほしいか、判断し支援する」

を大切にし、ご家族が応援してくれる支援方法を大切にしています。

また、スタッフは、子ども達が「今日も楽しかった」「また、ぷるぷる・月のひかりに行きたい」と思ってもらえるような活動の提供、人と人との関わりをとても大切にしています。

これからも、「豊かな放課後・休日の子どもの基本的な権利」を追求していきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

(スタッフ:W)

 

 

 

 

 

 

 

 

にじいろ1・2月の活動

 

久しぶりの更新となります♪

1月は年明けということで新年行事が盛りたくさんの月となりました。

初詣、団子木、干支創作等と様々な活動を行いました。

DSC02944

DSC03022

その中から今回はにじいろ開所以来、初めての試みとして福笑いを作りました。

「おかめ」と「ひょっとこ」の2種類を準備してパステルやシールを使用して皆で大きな福笑いを作りました。

DSC_2411 DSC_2410

 

後日、新春福笑い大会を開催!!

「はい、眉毛♪」「もう少しみぎ~」「本当にここでいい?」と職員が問い掛けながら進めました。

DSC02973

DSC02959

みなさんは「ここだ!」と決めたり、潔く次々に顔のパーツを置いていました。

アイマスクを外した際に理想とする顔と違っていたことを確認するとパーツを移動して理想に近付けようとする方がおり、新たな発見や一面を見ることが出来ました。

DSC02987

完成したそれぞれの顔はどことなく、作った人の顔に似ていました。

DSC02994  DSC02971

DSC02998

その後、職員も挑戦したのですが利用者さんの方が勢いよくパーツの配置を決められたり、顔のバランスが整っていました。

皆で「何これ~」「かわいい」「〇〇さんに似てるね~」と大笑いしながらの楽しい活動となりました。

 

 

2月はバレンタインデー!!

最近は自分へのご褒美として「自分チョコ」も流行っています。

そのため、今回は自分チョコとプレゼント用のチョコの2種類を作りました。

001002

カラフルなチョコペンやトッピングを使用してお菓子をデコレーションしました。

003 004

皆さん集中して作業しており、作業中は集中して行われていました。

「誰にあげるの?」と尋ねると

「母ちゃん」「〇〇さん」「〇〇くん」と上げたい方の名前を教えてくださり、照れ笑いをしていました。

完成した物は1本自分で食べて

021

022 023

2本目はラッピングをして好きな方へ渡しに行きました。

「義理チョコ」「義理でちょこっと」と書かれたイラスト等も準備してみたのですが、皆さんは本命一筋で

「I LOVE YOU」「大好き」「THENK YOU」等と書かれた心温まるイラストを選んでお手紙を添えていました。

005

006

本命の方へのプレゼントを渡す際にはちょっと緊張気味でした♪