blogスタッフブログ 現場からの声

すすまない地域移行・・でも諦めない

津久井やまゆり園の事件から1年が経ちました。あらためて犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。

この事件は人々の心に深い傷を負わせたのと同時に、未だ多くの障がい者が大規模な施設で生活をしている事実を浮き彫りにしました。

先日の毎日新聞に地域移行に関する記事がありました。記事では、やまゆり園規模の定員100人以上の全国120施設を対象に地域移行に関するアンケートを実施したとあり、84施設(70%)から回答を得た中で、入所年数「25年以上」が全体(1万838人)の43%を占めていたそうです。

地域移行が進まない理由(複数回答)は「家族の反対」が81%で最多。「入所者の高齢化」79%、「障害程度が重い」75%と続き、「本人の意思」は38%だったそうです。

上位三つは、移行を進めない事業所の言い訳でよく使われる理由です。最後の「本人の意思」は直接本人がアンケートに応えたのではなく、事業所の印象や解釈ではないでしょうか。施設以外の生活体験を経てこの数字がでるのか疑問です。「本人の意思」をいい様に利用したり甘くみてはいないでしょうか。意思決定支援を大切にする私たち事業者が、「ここでは生活をしたくない」という本人の真の意思を操作していないでしょうか。

大規模な施設の建て替えや計画を聞くたび胸が苦しくなります。「地域での普通の暮らし」を諦めないことが、この事件を体験した私の出すべき答えの一つだからです。(M)

 

各駅停車の会活動報告

今年度も各駅停車の会は月2回のペースで活動を行っています。

春からの活動を振り返りながら紹介したいと思います。

 

4月は花見に行ってきました。

お花見

上山の月岡公園に電車でいってきました。さくらも満開。きれいでしたよ。

 

5月は山寺に行ってきました。

山寺3    山寺6

 

天気にも恵まれ、汗びっしょりかきながら五大堂まで登ってきました。

 

6月はワークショップと陶芸教室を行いました。

チャレンジワーク2    チャレンジワーク

 

去年から行なっている「知る見るプログラム」ですが、そろそろ集大成です。

今回行ったのは自分の目標を立てて、それに向かって計画的に挑戦していこう、というワークです。

メンバーの中には「結婚」を目標に上げ、計画を立てたグループもありましたよ。

陶芸1    陶芸2

陶芸教室では向陽園でもお世話になっている高瀬焼の奥山勘二先生に教えていただき、思い思いの作品を作りました。

焼きあがるのは3か月後という事で、自分の作品が届くのをみんな心待ちにしています。

 

7月は「夏だ!海水浴!!」を企画しています。後日また、紹介したいと思います。

 

 

ジングルベール♪

街が綺麗なイルミネーションに彩られた頃、
心音にもクリスマスツリーが飾られました。

心音サロンが一気にクリスマスムードなった一ヶ月でした。

 

さて、各駅停車の会ではクリスマスケーキつくりを行いました。

てづくりしたスポンジは、うまくふくらまなかったとか、砂糖の分量をまちがえたとか、反省点がさまざまありました(++;)

それでも、みなさん結局はペロリと食べてしまったんですけどね・・