blog庄司園長の部屋

津久井やまゆり園事件から1年

神奈川県の津久井やまゆり園事件から1年が経ちました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、事件に合われた方々の心と体の傷、そして深い悲しみが一日も早く癒されますことをお祈りいたします。

 

この1年、愛泉会では、地域の方々と施設・ホームで暮らす方々との間に垣根を作らないように、過度な対応にならないように注意をしながら、安全対策を行なってきました。向陽園は、ホームページを見て頂ければ解るように「馬がいる施設」です。基本的には、障がいを持つ方々に乗っていただいていますが、休日には、馬と触れ合うために、地域の方々も数多く来園されます。職員が「あたり前の対応」「あたり前の環境」を常に意識し、業務にあたるためにも、社会との風通しを良くしていくことは大切だと思います。

 

事件から1年、様々な会合にお邪魔すると「防犯カメラは設置したか?」「防犯対策のために補助金を出してもらえるよう要望すべきではないか」という、質問や意見が多く聞かれるようになりました。防犯カメラを設置することが当たり前のように……。リスク対策も考え出すときりがなくなりますよね。

 

事件から1年、愛泉会では2か所のグループホームの開設を目指し、力を貸していただける方々との調整を進めています。ここ1週間、テレビ、新聞で、事件が取り上げられることが多くなっていますが、その中に「意思決定できない人は……」という犯人の手紙が取り上げられていました。皆さん周知のように、知的障がいを持つ方々が、意思決定ができないなどということはなありません。適切な支援があれば、意思決定は十分に可能です。そのためにも、施設、病院、家庭以外の暮らしの場を用意しておくことが必要です。

 

30年向陽園で暮らし、グループホームに移行したAさんのお母さんから、先日、向陽園の園長がこう言われたそうです。「施設にいた時には、どこまで生活が乱れるのかと心配した……。ホームに移って良かった。」と。言葉で上手く意思表示できない方々も、行動で想いを伝えてくれるのです。

 

そして、地域に出て、地域の方々の側で生活し、触れ合うことによって、障がいを持つ方々に対する見方、イメージも変わっていくのです。

 

 

 

 

 

 

グループホーム支援センターみらいの職員募集について(急募)

サービスの充実のため、山形市長町、宮町、桧町、花楯のグループホームで働いていただける職員を募集しています。

基本給)高校卒  140,000円~
短大卒  153,520円~
大学卒  159,040円~
(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士 7,000円プラス)

夜勤手当)1回3,000円

宿直手当)1回4,000円

諸手当)扶養手当、住居手当、通勤手当、時間外勤務手当、期末手当、勤勉手当等の手当をそれぞれの支給要件に応じて支給。

昇給)年1回

賞与)年2回(6月、12月)

休日休暇)休日/週休2日制、夏季・年末年始休暇
休暇/年次有給休暇、慶弔休暇、特別休暇(私傷病、子の看護等)、育児休業、介護休暇ほか

待遇・福利厚生・社内制度)健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、退職金共済、財形貯蓄、職員互助会、等

勤務地)山形市

勤務時間)基本となる勤務時間は、8:30~17:30までの1日8時間(週40時間)となります。
宿直)8:30~翌日9:30
夜勤)15:30~翌日9:30
等の変則勤務もあります。

お問い合わせ先)愛泉会法人本部  023-664-2117(八柳、高山、庄司)

新年度を迎えて

桜も見ごろを過ぎ、葉桜になりかけている今日この頃ですが……。社会福祉法の一部改正による法人組織の見直し、定款、定款施行細則の変更等もあり、今年は、職員配置の内示が1か月ほど遅くなり、4月ももう終わりだというのに、様々な調整で毎日事業所周りをしています。利用する方々には、ご迷惑をお掛けしていないでしょうか。

総会、役員会シーズン真っ只中ですが、どの会合に出ても話題になるのは、働きて不足、人材難の話題です。30年前、向陽園開設時には採用試験に、200~300人の応募者があったように思いますが(その時の応募者ですが、会場には人が溢れていました)、昨年度は、予定していた採用試験も応募者がおらず、試験を行なうこともできませんでした。何とも厳しい時代です。この難局を乗り切るには、皆で力を合わせて……、ということで今年度は、法人本部の職員もグループホームの夜間支援のお手伝いをさせていただくことになりました。本日は、2回目の宿直明けです。

何年かぶりでの夜間支援、ホームの皆さんは、受け入れてくれるのだろうか?足手まといにならないのだろうか?と恐る恐るホームに足を踏み入れると、そこには向陽園開設当初から顔馴染みのAさん。第一声が、「○○さん、明日帰る?」「明日帰って、家でご飯たべるの?」……。Aさんが、向陽園で過ごされていた時には、この質問攻めで、他の利用者さんとトラブルになっていましたが、ホームでは、トラブルになりません。それぞれに自分の居場所があり、自分なりの過ごし方があり、用事を済ませば、皆思い思いの時間を過ごすため、自室に……。向陽園で過ごしていた時と、言動は変わっていないのに、皆穏やかにすごしている。

Aさんが、向陽園入所された昭和61年当時、Aさんの居室は、8畳部屋に4人が生活。真夜中に、電気が付いているので、見に行くと同室のBさんに無理矢理起こされ、赤いジャケットに着替えさせられて、眠い目で布団の上になすすべもなく座っていたことがあったけど、ホームでは、8畳間にベッドを入れ、悠々自適の生活。

この生活を守っていかなければならない。そして、施設を必要としない仕組みを作っていかなければならない。時代に抗って……。
少子高齢化社会なんかに負けないぞ。皆で知恵を振り絞り、地域生活支援の新たなあり方を模索していく1年にしたいと思います。

「決して負けない強い力を僕は一つだけ持つ……」

平成29年度採用職員の募集について

業務拡充のため、平成29年4月より一緒に働いていただける方を募集いたします。

募集職種:支援員・看護師・作業療法士・事務員

採用予定人員:すべての職種若干名

勤務地:山形市、天童市、上山市、中山町

※※詳細についてお知りになりたい方はご連絡ください。募集要項を

お送りします。

連絡先:法人本部 023-664-2117(庄司・八柳)

許されざる蛮行に

 神奈川県相模原市の障害者福祉施設「津久井やまゆり園」において、施設内に侵入してきた男に入所する方々が刺され死亡、受傷するという痛ましい事件が起きてしまいました。この事件により、尊い命を奪われた方々に対し、心からお悔やみを申し上げます。また、負傷された方々の一日も早い回復をお祈り申し上げます。

 抵抗する力の弱い人たちを相手にこのような卑劣な犯行が行われたことに、強い怒りを感じます。危険を察知し逃げること、相手の攻撃に抵抗することができないことは、一緒に暮らしたことのある人間ならば解るはずです。震災や水害の時になすすべもなく、立ち尽くしていた向陽園の利用者の姿を重ねて考えた時、逃げるすべ、抵抗するすべ、助けを求めるすべもなく、凶行に身を委ねるしかなかったのではないかと思います。このような蛮行が許されるはずはありません。そして引き金となったと思われる障がいを持つ方々に対する偏見と歪んだ人間観。ニュース等で繰り返し報道される度に、怒りと憤りが煮えたぎってきます。いない方が良い人間なんてこの世界にはいません。障がいがあっても、なくても子どもを育てることは大変です。喜びもあれば、悲しみもあります。障がいを持つ子どもを持つ親御さんのご苦労の多くは、周りの人間の無理解と偏見なのではないでしょうか。

 今日は、朝からマスコミからの電話が頻回です。施設を守るための対策、センサーや塀、警備体制をどのように考えるかという質問がほとんどです。確かに対策は必要かもしれません。しかし、塀やセンサーを施設の周りに貼り巡らすことは、地域からの隔絶、生活する方々の人権の侵害という危険性も孕んでいます。また、愛泉会の事業所を使う方々のほとんどは、地域の中のグループホームで生活しています。地震や火災などの災害の時には、地域の方々に協力していただきたいと考え、ネットワークづくりに取り組んでいます。地域の方々が、警備員であり、塀であり、センサーであれば良いなと思い地域の方々との交流に力を入れています。

 二度と起こしてはいけない事件です。声の続く限り、この事件を怒り、抵抗する力の弱い人たちの楯になっていきたいと思います。そして、もっともっと多くの方々に、障がいを持つ方々のことを理解してもらい、地域で暮らす障がい者を守り、支える「人間の楯」を増やしていけるよう実践していきたいと思います。

 最後になりますが、現場に居合わせた方々の心の傷が深くならないよう、そして一日も早く癒えることを願います。

大雨等による影響について

大雨による避難勧告が山形市内各所で出ておりますが、向陽園並びに愛泉会が運営するグループホーム等の周辺地域の河川等は増水等の心配はないようです。各事業所は平常通り運営します。なお、避難勧告等が出されている地域にお住いの方々でコミュニティーセンター等への避難が困難だと考えられている方は、愛泉会の事業所を福祉避難所等として一時的に利用していただくこともできますので、お問い合わせください。

障がい者福しの「し」は、「志」です

園長職を拝命し、様々な方々の前で話をさせていただく機会をいただくのですが、終わった後は必ず後悔です。上手く話ができなかったこと、余計なことを言ってしまったこと……。今日は、当法人の放課後等デイサービスをご利用の家族懇談会であいさつをさせていただいたのですが、またまた余計なことを言ってしまいました。本日おいでの皆様、「こんなサービスがあったら良いな」と私が考えた夢、法螺話だと、聞き流してください。

サッカーのワールドカップ2次予選が始まりましたが、サッカー日本代表の本田圭佑選手が、ある雑誌のインタビューに、「ゲームにおいて、次の展開が自分の頭で想像できるとき、そのプレーは成功する。」と応えていたそうです。どのようなサービスがあれば、利用する方々、そしてご家族の方々が幸福になれるか、どのようなサービスが今求められているのか、常に考えていくことは大切です。思い余って口に出してしまうのが、私の悪いところですが。

さて、最近は、どの会合に参加しても、福祉職場の人材不足の話題で持ちきりです。新しい「公民」の教科書には、「介護の職場は、低賃金」と記述されたそうですが、先日見た刑事ドラマの犯人は、元ヘルパーで、おにぎりが値下がりするのを待って購入し、財布ではなく、給料袋からお金を支払うという設定でした。「そんなに福祉で働く我々は貧しいか!」。

お金は大切ですが、世の中には低賃金だから避けるという人間ばかりではありません。私は、と言えば、お金はとても大好きですが、大学の同じゼミで共に障がい者福祉を語り合った仲間が、低賃金を理由に一般企業を志望したことに、「お前は口先だけで障がい者福祉を語っていたのか」と腹を立て、この道に入りました。変わり者はいるものです。

大切なのは、「遣り甲斐」や「働き甲斐」が持てる職場であること。サービスの質を担保するため、マニュアルは必要ですが、職員の話を聞くとルーティーン業務があまりにも多すぎるように思います。この仕事の醍醐味は、利用する方々と相対し、ゆらぎながら、ぶれながらも利用する方々に真摯に向き合っていくことだと思いますが、現場で働く職員の話を聞くとルーティーンに押しつぶされそうになりながら働いているように感じられます。「必要と感じた時には、業務を省くことも必要だよ」と話していますが、間違いでしょうか。その判断が、正しかったか、間違っていたか、チーム皆で振り返ることも現場力を高めることに繋がっていくのではないかと思います。歯車からの脱却、スタッフを歯車にしない支援の構築が必要かもしれません。

東京では、町田福祉園の阿部美樹雄先生たちが中心になり、知的・発達障がい者福祉にかかわる人たちが、福祉の魅力を語り合うことを目的に、「知的・発達障がい者福祉サポーターズドリームプラン・プレゼンテーション」が開催されているようです。そしてこの秋、東北でも、現場で働く若い職員自らが企画し、運営する「東北フォーラム」が郡山市で開催するそうです。この仕事に対する熱い想いや夢を皆で語り合う場になるといいですね。

そういえば、とある福祉関係の方が、障がい者福祉の「し」は、「志」だとおっしゃっていたと聞きました。「障がい者福志」。私たちは「こころざし」を持って仕事をしているのです。

目指すは、ミニ施設?脱施設?

夏の日差しも和らぎ、少しづつ秋が近づいて来ているようです。「あんなに暑かった夏はどこに行った?」と思えるような昨日今日です。

さて、今年の夏は、法人として2つの調査にご協力させていただきました。1つは、東北福祉大学都築教授の研究室の学生さんをお迎えしての「天童市における障がい者の望ましい地域生活の在り方に関する調査」です。8月19日~21日までの3日間、デイサポート天花の2階を主会場にして、天童市内にお住いの障がいを持つご本人、ご家族、そして周りでサポートする社会福祉協議会、民生委員、学校の先生など30名近い方々に協力していただき、地域の中で生活していくためには、どのような手立てが必要か、ご意見をお伺いしました。調査結果につきましては、天童市、そしてご協力いただいた皆さんに報告させていただきます。そしてもう1つが青山学院女子短期大学の杉田穏子教授による「障がい受容についての面接調査」です。8月17日~22日までの6日間、当法人のグループホームや就労支援事業をご利用の方々、そしてご家族にご協力いただき、インタビュー調査を行いました。

さて、さて両調査とも、私は面接・調査場面には、入らせていただきませんでしたので、調査の詳細については、ここまで……。しかし、先生、学生さんとの懇親会にはしっかり参加させていただきました。そして、その時にお聞きしたのが、ご本人はもちろん、多くのご家族が地域での生活を望まれているということ。そのための社会資源が不足しているのはもちろんですが、向陽園をはじめ入所施設の体制に心細さを感じていること。

ベンクト・ニィリエ著「ノーマライゼーションの原理~普遍化と社会変革を求めて~」を河東田博先生と共に訳された杉田先生からは、欧米での施設解体、そしてその後のホームの姿、日本各地の施設の状況、施設の限界などをお酒を酌み交わしながら教えていただきました。

ここしばらく向陽園をどのようにしていくか悩んでいましたが、皆さんのお話を聞き、悩みが吹き飛びました。施設は所詮施設です。感覚過敏で生きづらさを抱える方々が生活するのには、最も相応しくない場所です。そして、職員にとってもその生きづらさの手掛かりを探りにくい場所です。
「脱施設」。「施設の生活で落ち着いたら地域で生活」ではなく、「落ち着いた地域の生活の中で、生きづらさの解消」。

2つの調査にご協力していただいた皆さん、ありがとうございました。そして都築研究室の皆さん、杉田先生、ご苦労様でした。

熱帯夜の寝苦しい夜に

若い職員を対象に法人独自で「強度行動障がい支援者基礎研修」を行っていますが、今週は、「行動の背景と捉え方」をテーマに、自閉症の人に良く見られる感覚過敏や氷山モデルの考え方について、演習などを行いながら1時間ほどの勉強会を行いました。今週の講師は、村井センター長と僭越ながらも私です。

現場から離れ、自閉症についての学習も疎かになっているため、本を新たに購入し、勉強をし直しての登板ですが、最近は、課題解決、問題解決にばかり囚われ、自分でも何屋なのか解らないほど、すれて来たなと感じるような有様です。そんな時、大先輩のSさんから、「この仕事は、問題をなくすというマイナス思考の仕事ではないのではないか。共に暮らし、活動をするという相互交流の中で、何かが生まれてくる、そんなプラス思考の仕事ではないか」というご意見をいただきました。氷山モデルなどを語りながらも、問題や課題にばかり目がいき、消去法的な考えになっていたかな……。感覚過敏の話もそうです。皆に理解してもらいたいのは、生きづらさや痛みです。共感が伴わなければ、知識の押し売りです。

最近、バックに入れて持ち歩いているのは、テンプル・グランディンさんの「自閉症感覚」(NHK出版、2014年)です。グランディンさんは、「大きな騒音を聞くと、耳が痛くなります。それも、歯医者のドリルが神経に当たったような痛さ……」だそうです。ある人は、「シャワーの水が、針で刺されたように痛い」そうです。「ご飯を噛むと、砂を噛んだように感じる」人もいるそうです。また、「人の顔が、ピカソが描いた二次元のモザイクのように見える」人もいるそうです。視覚、聴覚、嗅覚、触角、痛覚……、様々な感覚が、大脳でうまく処理できないために、過敏または鈍感になってしまうようです。

シャワーの流水が針で刺されたように痛いのに、不潔だからと言って、シャワーを浴びるように強要されたら……。ご飯の噛みごたえが、砂を噛んだように感じるのに、偏食はいけないと強要されたら……。そんな状況でも、「嫌」と表現できなかったら……。そんな生きづらさを抱えて生活されているのです。そして、行動は、そうした生きづらさを訴えるための一つの手段です。

私たちの仕事は、そうした生きづらさを一つひとつ和らげていくことです。熱帯夜の寝苦しい夜に、クーラーを消して、彼らの生きづらさを……。もっともっと辛い痛みか……。

併設型の短期入所は制度として限界に来ているのでは?

「重度障害者支援加算Ⅱ」について、ブログを書いたら、様々な施設の方から、問い合わせの電話をいただきました。私がおこたえできるのは、ブログに書いてあることぐらいで、「詳しいことは、日本知的障がい者福祉協会のホームページを見てください」とおこたえするのが関の山ですが、どの施設も行政機関に問い合わせても、明確な回答が得られないということで、藁をもつかむ思いで電話をかけてこられたようです。

入所支援を行う施設は、確実に障がいの重い方々の生活の場になりつつあります。向陽園は、平成19年10月に新事業体系に移行したのですが、平均障がい支援区分は、平成19年度4.3、昨年度が4.8と0.5ポイント高くなっています。障がい支援区分が低くとも社会生活を送る上で課題があって入所される方もいらっしゃるので、支援区分だけで推し量ることはできないのですが、先の加算の対象となる行動援護点が高い方々は、全利用者の50%を超える数となっています。地域生活への移行がどんどん推し進められ、施設が障がいの重い方々の生活の場(障がいが重いから地域で生活できないわけではありませんが……)になることは決して悪いことではありませんが、制度がそれに伴って変わっていないのは問題です。

向陽園では平成6年から併設型の短期入所を行ってきましたが、短期入所の受け入れをどのように行っていくかが大きな課題になっています。先日、新庄養護学校の見学会に参加させていただきましたが、東南村山圏域の在校生は、小学部は、0人でした。親元から学校に通えるようにと、村山特別支援学校を各地に作っています。親の愛情が必要な児童期に親と一緒に過ごせることは、ご本人にとって大変望ましいことですが、親御さんの負担は大きいものと思います。レスパイトとしての短期入所は大変重要ですが、入所施設は、入所する方々の生活を支えるので目一杯です。介護施設で働いた経験がある職員からは、「介護施設では、短期入所専門の職員が何人もいて、短期入所を利用する方々の支援は、短期入所の職員が行っている。入所支援の職員が片手間のように短期入所の支援を行うなんておかしい」との声が聴かれます。もっともな話です。障がい福祉サービスの短期入所は、単独型にしろ併設型にしろ、別の事業に配属された職員が兼務で行っています。そろそろ職員が兼務で行う短期入所は終わりにしなければなりません。

6月末より、若い職員を対象にした「強度行動障がい支援者基礎研修」を法人研修として開催しました。6回コースで毎週行う予定です。力によらない、適切な支援を行うために、仕事終わりにもうひと頑張りしてもらいながらの講義です。ソフト面での充実とともに、制度やハード面での充実が絶対に必要です。