blog井上博の「行雲流水」

日々新たにそして日々新たに

66歳という年を過ぎても日々あまりに成熟していない自分に出会い

驚くことが多い。公私ともどもである。

不十分であるが自分を振り返る日記は30年以上にもなり、様々な書籍も

それなりに読んでいるつもりであるが心はいっこうに成熟しない。

心の中に2歳児3歳児のような自分がいる。

毎朝安岡正篤先生や坂村真民先生そして聖書を読んだり自分なりに

いわゆる精進しているつもりであるが???

迷いの時自宅の裏に小屋がありその前におかれた桶を見ていた。

数日前までは腐敗していた水がたまっていた。

閉め方が不十分なためか桶に新しい水が一滴一滴落水していた。

その水はとても澄んでおり数日前の汚れた沈殿した水ではなかった。

それを見て自分の心のありようもこれで良いように感じた。

マンネリズムに陥りなにも入らないと水は腐敗していく。

この桶の水のように新鮮さを保つには一滴一滴でも新たな水を入れること

である。

日々新た、そして日々新た不十分でも与えられた日々を新鮮で充実した

毎日を過ごしたい。