blog井上博の「行雲流水」

障害福祉の思想の再確認

ご承知の通り7月26日神奈川県相模原市の津久井やまゆり園で利用

者19名の尊い命が犠牲になり26名が負傷するという驚愕する事件が

発生した。亡くなられた利用者のご冥福をお祈りするとともに心身

に大きな傷をおわれた皆様の早期の回復を願いたい。

犠牲になられた方が抵抗の難しい重い知的障害のある利用者であった

ことさらにその犯人が元職員であったことは大きな衝撃であった。

報道によれば犯人は障害のある人の生存を否定する考え方を持ちそれを

実行したという。

余りの状況に驚愕するばかりであるが私たちはこの事実にどのように向

き合えばよいのだろうか?

今こそ私たちは障害福祉の思想の原点を再確認する必要があると考える。

かつて知的障害者福祉の父といわれた糸賀一雄先生はどんなに重い障害の

ある利用者も一人一人は価値あるかけがえのない存在であってその発達は

無限であり、そして利用者の存在は世の光であると訴えられている。

糸賀先生、石井亮一先生、そしで近年亡くなられた江草先生はじめ多くの

先人たちの思想を確認するとともにその価値を共有し障害のある利用者が

社会の中で輝く存在であることを勇気をもって世に訴える必要がある。

さらに私たちが日々関わる目の前の利用者の意思や感情、思いを大切にする

実践を通して利用者家族に安心感を取り戻していただきこの危機を乗り越え

ていきたい。