blog井上博の「行雲流水」

法人創立30周年記念式典・祝賀会について

さる、11月22日に法人創立30周年の記念式典と祝賀会を

山形市の国際ホテルで開催することができました。

当日の早朝に福島県沖の地震が発生し仙台空港が閉鎖され、

当日の講演者、北海道伊達市からおいでいただく予定であっ

た小林繁市先生の搭乗予定の便が飛ばない事態となった。

結果的には、青森空港、仙台駅着でおいでいただいて無事

講演をお聞きすることができた。心より感謝したい。

わが国でも最も充実し伊達市の地域実践の具体例を

お話しいただいた。尊敬する小林先生の講演会を実現

することができ一つの夢が実現した。

記念式典ではこれまでご支援いただいた多くのご来賓、

関係者においでいただき開催することができた。

祝賀会ではこんなあいさつをさせていただいた。

三つの感謝 初めに利用者の皆さんに感謝、当日は

この30年間ご利用いただいたみなさんを中心にに

祝賀会に参加いただいた。

障害のある利用者へのサービスを提供させていただく

事業者として利用者の皆様とともに30年の節目に感謝したい。

二つ目はスタッフに感謝したい。入所施設やグループホームで

働くスタッフにとってこの30年そして24時間交代で休むことなく、

利用者の生活を昼も夜も支えていただいたことになる。

改めて法人の事業も現在220名のスタッフの働きによって支えられ

ている。感謝したい。

三つめは人と人との出会いに感謝したい。現在愛泉会の経営

や新規事業の立上げは多くの人々とのであいと支援あって

実現できたものである。これまでのご協力に感謝したい。

これからの10年20年先を見つめであいやご縁を大切に

利用者を中心とした事業経営に努めたい。