blog井上博の「行雲流水」

人生を支える支援

「人生を支える支援」という言葉は尊敬する神奈川県にある同愛会

の理事長高山和彦先生の講演でお聞きしました。

お聴きした当初はピンときませんでしたが最近その言葉の意味や

重さを実感します。愛泉会は今年で30年を向えますが多くの方々が

グループホームでお住まいです。

前職からお付き合いのある人は40年にもなります。障害のある利用

者お一人お一人の人生と共にすることとなるのです。

昨日、当法人を30年にわたって利用されたIさんが70歳近くになり

これまで過ごされたグループホームから高齢施設に移られるとのこ

とで挨拶にきてくれました。Iさんとの多くの思い出が走馬灯のよ

うにかけめぐりました。向陽園に20年を超えて入所されそれから

グループホームの生活を送られました。

Iさんと交わした会話「向陽園にもどらない?」

「絶対行かない」

又体があまり丈夫でなく生活習慣病をもったIさんにいつも話かけ

ていたのは「100歳まで生きらんなねな」いつも笑って

「そればっかり」と返してくれました。

しかし私としては真剣でした。障害をお持ちで体の弱いIさんには

100歳の人生への挑戦ががふさわしいと思ったからです。

全国でも障害のある利用者の高齢化が課題となっています。

山形県では障害のある利用者の高齢化の検討委員会が開かれており

も委員として加えていただき議論の最中です。

高齢期をどう支えるか、その前の成人期を地域の中で多くの人と

関わりながらいかに充実した日々を人生を送ってもらえるかの大

きなポイントです。

人生を支える支援。障害のある利用者の皆さんの人生が充実した

ものになるように英知をしぼり、皆さんで協力いたしましょう。

新年を迎えて心新たに

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

1月5日に板垣理事長から年頭の訓示をいただきました。

各部署でチームという視点を大切にすること、自分や他人の

良いところを引き出すこと、気づき・考え・皆で話し合いそして行動

するという過程を大切にすること等を述べられました。組織が大きく

なると組織が固定化しお城を築いてしまいがちです。意思疎通を大切

にしましょう。

さて、個人的に毎年、大晦日には一年を振り返り一年の計画を立てる

ことにしています。

仕事や趣味、家族のこと等それぞれの分野で計画し日々振り返り、

日記をつけてかれこれ二十年を超えました。ところがそれがなかなか

継続できない。時々忘れてしまい空白が続きまた始めるの繰り返しで

す。しかし反省は大いにあるが20年以上継続していることは自分でも

少しの自慢です。

そして仕事についても、余暇についてもそして家庭や地域社会

のことについても夢や目標をもって計画したことはほとんどが

実現していることに驚きます。今年は新しく何を学ぶか、どんな本

を読もうか愛泉会の事業はなにを実施できるか。自分の楽しみである

農業やマラソンや山登りや旅行も。わがままな自分であるが身近な周り

の人々を少しでも気にかける一年としたい。

夢を持ちその実現に向かって充実した日々を送りましょう。